芸能スポーツニュース速報 -芸スポまとめ丸-

-芸スポまとめ丸- エンタメとスポーツの話題、ネット上の反響を取り扱っています。(2chまとめサイト)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | CM(-)

【テレビ】TBS、ドラマ「ごめんね青春!」の表現謝罪 実在の学校名使う「配慮足らなかった」-2ch芸スポ速報+/まとめ

「ごめんね青春!」の表現謝罪、実在の学校名使い「配慮足らなかった」。 | Narinari.com
http://www.narinari.com/Nd/20141128614.html

TBSは、現在放送中の連続ドラマ「ごめんね青春!」(主演:錦戸亮/脚本:宮藤官九郎/日曜21時?)内での表現について、公式サイトにお詫びを掲載している。

問題の表現は10月26日放送の第3話で、錦戸演じる高校教師・原平助が受け持つクラスの落ちこぼれ生徒7人が、平助の実家(お寺)で勉強合宿をしているシーンでのセリフ。平助の義理の姉で、お色気満点の原エレナ(中村静香)に生徒の一人が「お姉さん…この問題…」と勉強を教えてもらおうとお願いすると、エレナが「それは無理。私、○○(※実在の学校名)だから」と返すやり取りがあった。

エレナは元グラビアアイドルという設定で、このとき名前を口にした学校は芸能人が多く通うことで知られる有名校だが、実名を出したことが問題視されたようだ。

公式サイトに掲載されたお詫び文では「台詞に実在の学校名を使い、視聴者の皆様に誤解を与える表現がありました。校長先生から、今現在の学校についてのご説明もいただき、私どももお詫びすべきことと考えました」とし、「このような表現は、日々の学業に励んでいらっしゃる在校生の皆様、今後の進路として考えている受験生を始めとして、先生、保護者の皆様、学校関係者の皆様にご迷惑をおかけするものでした」と謝罪。

また、「学校を舞台に『理想郷のような青春』を描こうとする本番組の主旨からしても、番組制作者としての配慮が足らなかった点を深く反省しております」とつづっている。


ネット上の反応は、下記のリンク先でお楽しみ下さい。

【テレビ】TBS、ドラマ「ごめんね青春!」の表現謝罪 実在の学校名使う「配慮足らなかった」(c)2ch.net
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1414884412/
[ 2014/11/03 ] 芸能 | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。